【ワインと料理】より美味しく味わえるマリアージュの法則とは?

ワインは、その1本をじっくり味わうもの。
こう考えられてる方もいるでしょうが、本来は料理と楽しむものであり、本場ヨーロッパでは料理とワインはセットで楽しむのが一般的です。

しかしワイン初心者の日本人の多くは、どういった合わせ方をすれば良いのか、なかなか分かりません。
ここでは、ワインと料理のマリアージュについて解説します。

ワインと料理の「マリアージュの法則」とは

ワインを料理と合わせる際、「マリアージュ」などという言葉が良く使われます。
マリアージュとはフランス語で結婚を意味する言葉で、ワインと料理が完璧に合った時は結婚をしているほど素晴らしい相性、ということでもあるわけです。

しかし、このマリアージュがなかなかワインを飲み馴れていない日本人では難しい。
肉には赤ワイン、魚には白ワイン、チーズであれば何でも合う、というような感じで、特に細かな部分のペアリングを気にされている方も少ないようです。

もちろん、ワインと料理のマリアージュは自分が美味しいと思ったものであれば何だって良いのですが、それでもある程度は基本を知っておくと、失敗が少なくなるかもしれません。
では、早速ワインと料理のマリアージュの基礎知識を紹介していきましょう。

法則1:色を合わせる

赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン。
こういったワインに、色はつきものです。

大雑把ではありますが、マリアージュの基本として、ワインと料理の色を合わせるというものがあります。
赤ワインには赤系のソースを使った料理、白ワインには白系ソースを使った料理など、色で合わせるだけでも、失敗の無い組み合わせを楽しむことができます。

日本でも特に有名なソムリエの方が提案した面白いマリアージュに、赤ワインとうなぎの蒲焼きがあります。
まるで合いそうのない組み合わせなのですが、タレのこってりした味わいを赤ワインがスッキリとさせてくれ、とても相性良く楽しめます。

逆に、白焼きになったら白ワインの出番。
重すぎない味わいなので、全体的にスッキリ食べられるわけです。
面白いですよね(笑)

法則2:産地を合わせる

マリアージュの大前提と言われているのが、そのワインの出身地と料理の出身地を合わせるという方法です。
フランスなどでは、ワインはその土地の郷土料理と合わせるために造られていたと言われているほどですし、その土地との料理や食材との相性は抜群です。

とはいえ、今はどんな場所でも醸造技術が進んでいたり、モダンな国際的な造りをしている生産者も増えているので、厳密にその土地のために造られている味わいではないワインも多くあります。

もし産地で合わせたマリアージュを楽しむのであれば、古くからワインが造られている伝統的な産地のワインと、郷土料理をペアリングした方がいいかもしれませんね。

法則3:こってり度合いを合わせる

日本酒はオールマイティなお酒と言われています。
アミノ酸が和食の旨味を膨らませる、ということですが、実は日本酒も吟醸酒や本醸造、熱燗といった感じで料理のボリュームによって味わいを変える必要があります。

となれば、ワインも当然そのボリューム…
つまり、こってり度合いに合わせてみるのがマリアージュのコツとなります。

例えば、軽やかなライトボディのボージョレ・ヌーヴォーをこってりした煮込み肉と合わせてもワインが負けてしまいます。
こういった時は、ボルドーの重ための赤ワインが良いでしょう。

一方、軽やかでフレッシュな柑橘ソースが使われた前菜であれば、重たいこってりした赤ワインより、フレッシュ&フルーティーな白ワインがおすすめです。
こってり度合いを合わせるだけでも、ワインとのマリアージュが驚くほど見つけやすくなります。

ただし、樽の入ったシャルドネのような重ための白ワインは、案外軽やかに調理されたサラダや魚料理との相性も悪くありません。
ぜひ、頭でっかちにならず、基本だけを覚えてあとは自由にペアリングを楽しんでみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする