有名ワインを多数生産!フランスワインの基礎知識を紹介

世界一のワイン王国と言えば、間違いなくフランスです。
フランスから、さまざまなワイン文化が生まれてきたといっても過言ではありません。
ここでは、フランスワインの基礎知識をいくつか紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

フランスワインの基礎知識

フランスは、古くからブドウ栽培やワイン醸造を行ってきたワイン大国。
2世紀頃、南フランスに渡ったブドウ栽培などの技術が全土に広がっていき、今ではフランス全体でブドウ栽培、そしてワイン造りが行われています。

フランスワインを知るには、まず主要産地を覚えておく必要があります。
ここからは、フランスの主要産地をいくつか紹介していますので、チェックしてみてください。

「ブルゴーニュ地方」「ボルドー地方」について

フランスには、ブルゴーニュ地方とボルドー地方という二大産地が存在しています。
フランス、というレベルではなく、恐らく世界でもっとも有名かつ高級ワインを製造している産地でしょう。

まず「ブルゴーニュ地方」ですが、ここはフランスの東部にある産地です。
冷涼な地域で平均気温はさほど高くなく、天候も不安定ながらワインに適したテロワールと言われています。

石灰岩を中心としたさまざまな年代の土壌組成となっているため、1m先の畑ではすでに土壌が違う、というユニークな産地として知られています。
そんな「ブルゴーニュ地方」は、赤ワインは主にピノ・ノワール、白ワインはシャルドネのみで造られています。
もちろん、他品種を使用したアイテムもありますが、高級ワインはほとんどが前述したワインです。

例えば、「ブルゴーニュ地方」の至宝と言えば「ロマネ・コンティ」でしょう。
そのほか、ジュヴレシャンヴェルタンやミュジニィなど、世界的に知られている高級赤ワインはピノ・ノワールです。

白ワインは日本でも有名なシャブリがありますし、あの「モンラッシェ」も「ブルゴーニュ地方」で造られているシャルドネの白ワインです。
コルトンシャルルマーニュやムルソー、シャブリグランクリュなど、世界が羨む白ワインも「ブルゴーニュ地方」産なのです。

一方、「ボルドー地方」はフランス西部にある産地で、温暖な大西洋気候が特徴です。
赤ワインは、カベルネソーヴィニョン、メルロー、マルベック、カベルネフラン、プティヴェルドなどのブレンドが主であり、白ワインはソーヴィニヨンブランとセミヨンブレンドが多く見られます。
ブルゴーニュ地方とは違い、ブレンドをしたワイン造りが主体であり、生産者によってこだわりのブレンド比率があるようです。

「ボルドー地方」で有名なワインは、メドック地方の格付シャトーや右岸のシャトーペトリュス、南部の貴腐ワイン シャトー・ディケムです。

高級ワインの代表産地と言っても過言ではない「ボルドー地方」。一度は楽しんでほしい、ワインの基礎を知れる産地です。

シャンパンを生産する「シャンパーニュ地方」

ブルゴーニュ地方やボルドー地方に比肩する、高級ワイン産地が、「シャンパーニュ地方」です。

フランス北部にある「シャンパーニュ地方」では、長い歴史の中で瓶内二次発酵という発酵技術を発見し、今も尚世界最高峰のスパークリングワイン造りを行い続けています。

「シャンパン」の名称で愛されているスパークリングワインは、クリュグ、サロン、ヴーヴ・クリコ、そして日本でもお馴染みのドンペリもこの「シャンパーニュ地方」で造られているスパークリングワインです。

歴史、製法、そしてメゾンと呼ばれる生産者たち。
“泡”好きの方であれば、必ず学んでおくべき産地ではないでしょうか。

引用:https://wine-noble.com/france/champagne/

ワインの品質を守る「AOC」

フランスでは、ワインの偽造対策や品質を守る意味合いで、「AOC」と呼ばれる原産地呼称制度が存在しています。
これはワイン法で定められた正規の法律で、違反することは許されません。

例えば、ボルドーのメドック地区で造られたワインの場合、カベルネソーヴィニョンやメルローなどの指定品種を使用し、規則で守られた醸造法や官能検査などをクリアしないと、ラベルに“メドック”の表記ができません。

つまり偽造防止とともに、そのワインの品質や出自を明確にあらわす目印として機能しているのです。

ただし、敢えてAOC認定を避けて自由に造られているワインもあり、それが美味しいこともあります。
こういったワインと出会うのも、ひとつワインの楽しみです。
あまり、難しくAOCにこだわるのではなく、あくまで基礎知識として頭に入れておき、そこから自由に楽しめば良いのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする