どうやって売却するの?ワイン買取業者の買取方法3つを紹介!

「ワインを買取に出そう」。
こう思い立ったはいいけれど、買取ってどうすればできるのか分からないという方も多いでしょう。
ここでは、ワイン買取業者の買取方法について紹介していきます。

ワイン買取業者の主な買取方法3つを紹介

余ったワインを買取してもらう場合、ワイン買取業者を利用するのが一番です。
このワイン買取業者には、主に3つの買取方法が存在します。
一体、どのような方法があるのでしょうか?

1.店頭買取

ワイン買取業者でワインを売る方法の中で、もっとも一般的なのが店頭買取です。

店頭買取とはその名の通り、ワイン買取業者の店鋪に直接ワインを持ち込み、その場で査定してもらうサービスです。
事前に買取をしてもらいたい旨を電話で伝えてもいいですが、基本的には予約ナシで対応してくれるので、気が向いたら持ち込むというスタイルでもいいでしょう。

ただ、人気店の場合は先に査定を依頼している方が多い可能性があるので、電話で状況を確認するのも良いかもしれません。

店頭買取は、鑑定士が目の前でワインを査定し、査定額を提示します。
それに納得できたら、その場で現金が支払われるという流れです。
目の前で査定してもらいたい、今直ぐ現金化したい、という方には向いている買取方法でしょう。

2.宅配買取

  • 買取してもらいたいワイン買取業者が遠方にある
  • ワイン買取業者が実店鋪を持っていない
  • 店鋪に行く時間がない

そういった方は宅配買取がおすすめです。

買取業者が梱包キットを無料で送付してくれ、そこに売りたいワインを梱包し、指定の宅配業者を頼んで送るだけです。

届いたワインを鑑定士が査定し、査定額の連絡が来るので納得できれば買取成立。
買取依頼者指定の銀行口座に速やかに買取金が振り込まれる、という流れです。
遠方の方でも利用できますし、時間は少しかかりますが、ワインを現金化することは可能です。

少し多めにワインを売りたい時にも利用しやすいサービスでしょう。
ただし、キャンセル時の返送を無料で行ってくれる業者と、そうで無い業者があるので、そういった時にトラブルにならぬように調べておくことをおすすめします。

3.出張買取

  • 売りたいワインが大量にある
  • 超高級ワインなので持ち運びなどをしたくない or 宅配で送るのは心配

そういった方におすすめなのが出張買取です。

出張買取は、店鋪の鑑定士が直接自宅に訪れてワインを査定してくれるサービスであり、依頼者は自宅にいるだけでワインを現金化することができます。
目の前でしっかりとワインを査定してもらえますし、査定額に納得いかないワインは、処分せずに残すことも自由です。

特に、飲食店などを経営されている、または経営されていた方などは大量にワインが残ってしまうこともあるでしょう。
それを宅配買取でいちいち梱包しているのは手間ですし、自分で持ち込むのも難しい。
こういった場合、出張買取を利用することで、問題は速やかに解決します。

ただし、店鋪によって出張買取ができるエリアが限られているので、利用できない可能性もあります。
この場合は、買取してもらいたいアイテム、点数などを事前に伝えて、ワイン買取業者と相談しておくことが必要になるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする